日本マーケティング協会にて講演
AXHUM (2012年4月19日 14:48)
早稲田大学経営大学院の嶋口・内田研究会にて、南山が講演をしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月18日(水)開催

テーマ:
『311以降の戦略的コーポレートブランディング
:新しいメディアモデルとCSV(Creating Shared Value)の台頭』

 1. はじめに ブランディングの基本フレームの確認
 2. 新しいメディアモデル IBMのSmarter Planet
 3. 社会的価値のマーケティング Unileverのフードプログラム
 4. 共通価値の時代の戦略的ブランディングにむけて 『デジタル・プラットフォーム時代のマーケティング戦略』

講師:
南山 宏之
AXHUM Consulting | 代表取締役
WorldBranding Committee | ディレクター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日時
 平成24年4月18日(水)19時~(18時40分受付開)

■場所
 社団法人日本マーケティング協会
 (東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル9F TEL.03-5575-2101)

■概要
ソシアルメディアの爆発的な普及によって、ステークホルダーの力は強大化し、もはや企業は自らの評判やメッセージをコントロールすることが困難になりつつある。新しいメディアモデルは、新しい情報到達の方法を提供したが、それは単なるコミュニケーションチャネルの拡がりというよりも、企業独自の豊かな関係性のネットワークを構築する機会として捉える必要がある。価値あるブランド構築と強いレピュテーションの維持は、マーケティングとコミュニケーションの責任者が共同で努力すべきことになりつつある。
また、その延長線上には、企業がCSR(Corporate Social Responsiblity)からCSV(CreatingShared Value)という視点で評価される時代へと大きく変わろうとしていることがあげられる。自らの強みを社会的価値という視点から敢えて事業展開することによって新しい市場を創造していく。そこでは、マーケティングとコミュニケーションを統合するという新しいブランディングモデルが求められる。
本セミナーでは、いくつかの事例を見ながら、新しい時代のコーポレートブランディングのあり方を考えていきたいと思っている。 

01.png

嶋口・内田研究会 Webサイト

02.jpg

 
  • HOME
  • > 日本マーケティング協会にて講演
Topics