AXHUM LIPPINCOTTのニュースリリースが掲載されました
AXHUM (2013年6月 5日 16:17)
LIPPINCOTTのHPでAXHUM LIPPINCOTTのニュースリリースが掲載されました。


(和訳)

リピンコットとアクサムコンサルティング、
日本市場におけるストラテジックパートナーシップ契約を締結 

                  
ニューヨーク(2013年5月29日)。ブランド戦略とブランドデザインのグローバル
リーディングカンパニーであるリピンコットは、日本に拠点を置くアクサムコンサルティング
とストラテジックパートナー契約を結んだことを本日発表した。予てから両社の
コラボレーションにより数々のプロジェクトを成功に導いてきた経緯もあり、
この度、正式にパートナーシップ契約を結び、ブランドの変革と経営の成果を求める
日本企業にクリエイティブで戦略的なノウハウを提供する。

東京に拠点を置き、コーポレートアイデンティティのパイオニアであるPAOSのブランディングを
発展的に継承し、アクサムコンサルティングは1989年に設立して以来、日本の主要な
コーポレートブランドのコンサルティング及びアイデンティティマネジメントの会社として、
日立製作所、東京エレクトロン、ソニー、セリア、シスメックスなどのクライアントを担当してきた。

「日本は世界で3番目に大きな経済圏であり、世界的に認知度の高いブランドを数多く持つ。
アクサムコンサルティングとの提携により、効率的な事業推進が可能となる」と、
リピンコットのアジア太平洋ディビジョンのディレクターであるステファン・フィリップ氏。

1943年に創立されたリピンコットはコーポレートアイデンティティの先駆者として知られ、
サムスン、スターバックス、マクドナルド、eBay、ウォルマートなどの有名ブランドの戦略、
アイデンティティ、そしてシステム体系を開発してきた。また、日産自動車やインフィニティという
日本の有名ブランドも長い間担当してきた。ブランド戦略、ブランドデザイン、
エクスペリエンス・イノベーション、そしてブランドアクティベーションを提供するリピンコットは、
10年前からアジアでの存在感を発揮し、アジアのリーディングカンパニーを数多く担当している。

「日本はブランディングサービスにおける重要かつ活気ある市場で、弊社にとって、アジアは勿論、
グローバルに成長していく上で必要不可欠な拠点の一つである。
明日のリーディングブランドを目指すブランドが数多く存在し、ポテンシャルが高い」と、
リピンコットのCEOであるリック・ワイズ氏。

アクサムコンサルティングの南山宏之社長は、パートナーシップ契約を結ぶことを決めた経緯について、
ごく自然の方向であると強調している。「リピンコットと戦略パートナーになることは、
両社の成り立ちや思想が非常に近いこともあり、非常に理に叶ったものだと思っている。
今後は既存顧客並びに新規顧客に対してリピンコットと共にグローバルなノウハウを
提供することができるようになる」と述べた。

リピンコットとアクサムコンサルティングは、去る5月7日にリピンコットの香港支社において
調印式を開催し、ストラテジックパートナー契約を締結した。

リピンコットについて
リピンコットはブランド戦略とブランドデザインのリーディングカンパニーです。
70年の歴史上、オーセンティックな物語、印象的なブランド経験、ウイニング戦略を用いて
、数々の世界的ブランドを形成してきました。
リピンコットの業務はブランド構築に関わる戦略立案、アイデンティティデザイン、
革新的なブランド経験並びにアクティベーション活動と多岐にわたります。
現在企業が直面するブランドに関わる複雑な課題を、唯一無二の戦略的思考と
卓越したクリエイティブによって解決し、未来型ブランドを築き上げます。
直近の担当クライアントは3M、デルタ航空、ハイアット、インフィニティ、サムスン、
スターバックス、ウォルマートです。
リピンコットはMarsh&McLennan傘下のグローバルプロフェッショナルサービスを提供する
Oliver Wymanの一事業部です。

index.jpg

 
  • HOME
  • > AXHUM LIPPINCOTTのニュースリリースが掲載されました
Topics