×
TEL東京エレクトロン

Core Technologies
that move the people
and the society beyond Imagination.

人間と社会全体の進化を生み出す最先端コアテクノロジーを生み出す、
日本発のグローバル企業体への進化

新しいアイデンティティ構築とコーポレートブランド価値の創造

TEL(Tokyo Electron)は、世界を代表する半導体製造装置の研究開発製造メーカーです。今や半導体は、世界の産業や通信、社会システムの変革と進化を支える人類の成長にはなくてはならない素材になっています。TEL(Tokyo Electron)は、その半導体製造プロセスのほとんどをカバーする想像を絶する最先端コアテクノロジーを生み出す日本オリジナルの企業体です。
私たちは、2009年から、このような人類にとって欠かせない企業体TEL(Tokyo Electron)の変革と成長を促す企業理念の開発導入から、グローバルな市場における強いブランドアイデンティティの確立と魅力あるブランド価値の創造を、戦略的・計画的に図るプロジェクトに、今日に至るまで参加し続けています。

Read the Story

3文字の世界ブランドTELの象徴化とグローバルな知のデザイン
:LIPPINCOTT(New York)との共創

東京エレクトロンのグローバルブランディングは、「Tokyo Electron Laboratory=東京エレクトロン」という名称を”TEL”という3文字の世界商標として登録展開するところから始まります。
“TEL”という文字列は、長らく「telephone=電話」という一般名詞として使用されてきましたので、この3文字のアルファベットを占有し商標化するには、長い道のりが必要でした。しかし、それらの道を乗り越え、”TEL”の世界市場への戦略的展開の必須項目として、世界の商標ブランドとして、”TEL”のデビューを果たすことになりました。
TELのシンボルロゴと基本デザインシステムの開発は、Corporate Identityという言葉を生み出し、Coca-ColaやStarbucksのブランディングで世界的に成果を生み出しているNew YorkのLIPPINCOTT社との戦略的提携のもと、開発導入作業のすべてを協働で行うことになります。日本企業に内在するグローバル化を妨げてきた数々の阻害要因を省きながら、プロジェクトは今もグローバルに発展的な展開を遂げています。

個のエンゲージメントを引き出す「学び」の
オンラインラーニングプログラム「TEL University」の構築と活性化

TELでは、グローバルに多種多様な人材が増え続ける中で、組織のインターナルブランディング活動として、企業理念への「確信」と「行動」を促す理念浸透プログラムの開発導入を実施しました。また、社員個人個人のパーパスとエンゲージメントを、入社時から退職するときまで支え続けるTEL Universityプログラムを開発運用。それらのブランディングやUIの開発導入を行いました。

グローバルな半導体最先端技術動向の共創メディア
TELESCOPE Magazineの編集発刊

TELでは、東日本大震災が日本の東北地方をおそった2011年から、半導体に関わる最先端技術動向を全世界から収集編集し、先端技術者や研究開発系のメディアに情報提供をするために、オンラインマガジン”TELESCOPE Magazine”の編集発信を開始。それらの活動は、今も発展的に継続しています。
このようにAxhumでは、外部に向けてブランドコミュニケーションについては、従来の全国メディアとしての新聞や雑誌を通しての、企業広告をクリエイティブするだけではなく高度なコミュニティブランディングとして、編集マガジンの発刊編集もおこなっております。

Illustration by Bunpei Yorifuji